胸を残してダイエットをすること

皆様こんにちは!

松陰神社前駅より徒歩1分にあるPERSONAL TRAINING STUDIO U(スタジオユー)です!

ダイエットはしたいけれど、メリハリのある体を目指したい、痩せたら胸のボリュームが小さくなってしまうのではないかと言う不安を抱えている方もいらっしゃるかと思います。

そこで本日は胸のボリュームやサイズを維持したまま、ダイエットを行うためのポイントなどについてお話をしていきます。

ダイエットで胸が痩せてしまう理由

ダイエットをすることで、胸まで痩せてしまうということはよくありがちです。

その理由として、女性の胸は大部分が脂肪でできているため、ダイエットのために運動を行うことで、全身の脂肪が減ると、必然的に胸の脂肪も減り、サイズが小さくなってしまうことがあります。

また、それ以外にも、女性の胸はクーパー靭帯と言うものに支えられているため、重力に逆らった状態で丸い形を保ちます。しかし、ランニングなどの激しい運動で胸が揺れることで、クーパー靭帯に大きな負荷がかかり伸びたり、最悪切れてしまうこともあるのです。

これらの理由によって、ダイエットをすると、どうしても胸が痩せて痩せてしまいます。
これ以外にもダイエット中に極端な食事制限をされていたり、ホルモンのバランスが乱れたりすることによって、胸のボリュームダウンにつながることもありますので、注意しましょう。

胸のサイズを維持しながらダイエットする方法

胸は脂肪でできているため、どうしても運動によって脂肪を燃焼させるとサイズが小さくなってしまうことがあります。
しかし、筋トレによって大胸筋や広背筋を鍛えたり、胸のマッサージなどを行うことによって、胸のボリュームを維持したままダイエットをすることもできるでしょう。

筋トレや運動以外にも意識するべき点はある

胸のボリュームを維持したまま、ダイエットをする事は運動や筋トレももちろん必要になりますが、これ以外に胸のサイズを維持するために、ご自身のサイズに合ったブラジャーを正しく着用する、スポーツをするときには、スポーツ用のインナーを着用するなど、トレーニング以外の面でもこれらを意識することによって、必要以上に胸が圧迫されたり、クーパー靭帯に負荷がかかったりすることを防ぐことができます。
ボリュームを維持するために筋トレや運動も重要ですが、正しくインナーを着用できているかどうかについても確認を行うようにしましょう。

胸のサイズを維持するためにできるトレーニング

胸のサイズを維持したまま、ダイエットをするにあたり、大胸筋や広背筋などを鍛えることによって胸のハリやきれいな形のバストを維持しながらダイエットをすることができます。
メニューとしては、腕立て伏せやダンベルベンチプレス、またトレーニングチューブを使用した筋トレなども胸のサイズを維持するためにできるトレーニングとして有効です。

食生活の改善もしっかりと行おう

ダイエットと食事
胸のサイズを維持しながらダイエットを行う場合には、前述したトレーニングや正しいインナーの着用以外にも食生活の改善もオススメな方法です。
食生活を改善するだけでは、胸のサイズを維持しながらダイエットすると言うことはできませんが、胸のサイズを維持するためにタンパク質をなるべく意識して取る過剰な食事制限を行うのではなく、バランスの良い食生活を心がけ、また睡眠や休息を適切に取ると言うことも大切になるでしょう。
本日のテーマはいかがでしたか?

女性にとって胸のサイズを維持したまま、ダイエットする事は非常に重要なことです。

特にダイエットにおける筋トレにおいて、大胸筋や後背筋をしっかりと鍛えることで、胸のサイズを維持し、ハリのあるバストを手に入れることにもつながりますので、ぜひ本日の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。
公式YouTubeチャンネルはこちらから!
https://p-studio-u-shoinjinjamae.com/

よろしければこちらもフォローお願いします^^

執筆者:murata
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!